大猟

大猟

うさ犬の里の裏山の林の中をうさ犬弟のはなまるが パーカーのフードをいっぱいに膨らませ意気揚々と落ち葉の絨毯を踏み締めて歩く収穫の秋、 椎茸、舞茸、ナメコ、ブナハリタケの茸や、お芋に柿まで詰め込んで、 行く傍らのリス君は溢れる涎に羨ましそうな熱視線、 近付く冬に備えた支度を急いで整えなければならないリス君に、 袖振り合うも多生の縁、困った時は相身互い、情けは人の為ならずとやら、 はなまる、少しは分けてあげなよね。(2006/11/2)

スポンサーリンク