三月

雪割草

雪割草
(2006/3/-)

抵抗勢力

抵抗勢力
暑さ寒さも彼岸迄と申しまして3月も下旬のこの時期になりますと 流石に寒さも遠のき陽気はぽかぽかと春らしくなって参りますから、 いつまでも暖房器具を出しておいたのじゃ、まるで何処かのだらしない御仁の万年床のようで 不意の来…

漕ぎ競べ

漕ぎ競べ
春です。 桜の花が美しい花を咲かせ始めています。 桜は本邦国花にて花と云えば桜を指すくらい代表的な日本の花です。 桜の樹の本での小説も何本か書かれていますし、 入学式と云えば桜、受験でうまくいかなければ散るとも称され私達…

やどかり

やどかり
花冷えなんぞとも申します今頃、春とは云えまだ寒さの残るこの季節、 春の海縁りを散策と洒落込んだうさ犬兄弟が弟、はなまる君の気付けば 一緒に歩いていたはずのお兄ちゃん、ほんまるが見当たりません。 さてはこの寒さに一人家に引…

大牡丹餅

大牡丹餅
暑さ寒さも彼岸までとはよく云ったものでして、 今日は漸く寒さも退いて麗かな日差しが縁側で牡丹餅を鱈腹いただいたウパンダの眠りを誘います。 庭には美しい牡丹の花が、縁側には食いしん坊も満足の鼻提灯が咲いています。 しかしこ…

花粉症

花粉症
やっと寒い冬も退き、陽気もぽかぽかと暖かく、 厚着で少し動けば軽く汗ばむくらいになってなってと、 皆の待ちかねた春が漸くやって来ました。 それでも総てことが巧く運ぶとはいかないように世の中出来ているようで、 花粉症の方々…

洗顔セット

洗顔セット
時は啓蟄、たっぷり一冬土の中で過ごして、すっかり寝足りた様子の蛙君が 穴から暖かな陽気に包まれた地上に身を乗り出して 大きな欠伸で春の空気を胸いっぱいに吸い込みながら一伸び、 暫し何も考えられず空っぽの頭を、不図した気配…

御前演奏-はなまる3周年-

御前演奏-はなまる3周年-
「はなまる一周年」では揉め、「はなまる二周年」ではくだけた仲になり、 当三周年では遂にお内裏様とお雛様お抱えの五人囃子の合奏を 共に楽しむ中にまでなりました。 笙に篳篥、鼓に太鼓、笛と孰れ手練の演奏者の提供する雅楽は実に…

二歳

二歳
ほんまる、はなまる揃って桜から散る一枚の花びらを見詰ていた一歳からまた一年が経ちました。 今年も桜の樹の前に揃って佇めば、今年は何処からか墨衣の修行僧が一方現れお相伴です。 散り行く花に興が湧いたのでしょうか、旅の途中ら…

猫の恋

猫の恋
毛を逆立てて向き合っている猫さん達を見掛けた気の好いほんまるが お止しなさいなと両者の仲に割って入れば、 見るも無残な引っ掻き傷の真っ赤な数条拵え退却、退散と相成り候。 さても仲裁の無駄を嘆くほんまるでしたが、 いや喧嘩…