煙幕

煙幕

今日も今日とて何かやらかしたのか、はなまるがモモ之介に追いかけられ候得共、 必ずしもはなまる許りが悪いとも限らず、 又モモ之介の悪戯に引っ掛かっての意趣返しが上手く壷に嵌る逆襲と相成り、 モモ之介の逆恨みにて開戦の追いつ追われつ屋敷内をあちらこちらの追跡劇、 最早逃げ切れぬと察したはなまるの目に映じたるは蚊遣り豚、 咄嗟に思い付いたる蚊遣りの代わりのモモ之介遣り、 此処は一番ケムに撒いてしまう外無しとて豚を追い越し身を翻し、 ご自慢のうさ耳を勢い良く上下に扇いで夏ならではの煙幕を張るのでした。(2006/8/16)

スポンサーリンク