秋雨

秋雨

秋も深まりつつある中、本日茸狩りと洒落込んだうさ犬ファミリーの、 うさ犬の里が裏山の勝手知ったる茸の山へ深く入り、 見回せば大猟の予感、今晩スモモ姉ちゃんに頼みての茸鍋パーティーならんと、 今にも垂涎すべし喜悦満面、いざや腰を屈めた其の瞬間、 ばらばらと頭上より降り来る村雨の、張った食い意地をも蹴散らす程の、 みたりを飛び上がらせる痛痒は、俄かの雨の正体の、 樹上に鈴生りが毬栗にて御座候得ば、 こりゃ堪らじとて取る物も取敢えず手近の茸を頭上に翳し、見れば、 ほんまるはタマゴタケ、はなまるはベニイグチ、ウパンダはベニテングダケ、 なれど、ウパンダのみは少々小物に過ぎて、彼の立派な頭は傘の下収まり切れず、 悠々たるうさ犬兄弟を追い越して、 痛い秋雨へのせめてものレジスタンスの象徴たるべきベニテングダケも悲し、 憐れウパンダの全力疾走をご覧じ下さるべく願い上げ奉り候。(2006/9/6)

スポンサーリンク