ストロー

ストロー1 ストロー2 ストロー3

別に急ぎの用で無し、呼び止められて、誘われ、 指差す先のソーダ水、かち割り氷もふんだんに、 炭酸の立ち上がる泡の勢いも盛んなる、青く澄んだ夏の空を冷やした如き鮮やかさ、 呼び止められたるはなまるの一目散に飛び付いて、 呼び止めたるモモ之介、何処か怪しげなる目元や如何。

既に頭を占めたる喉を通すべき涼感の、意図の儘には運ばずに、 一向に口先さえも届く気配なし。

皆様、ソーダ水の挿されたるストローの先を御覧じよ、 きつく結ばれしは固結び、流れ遮りて如何に吸おうともソーダ水の通れる道理は無し。

そうとは知らぬはなまるの何時まで続くか懸命、奮闘の巻。

只より高いものは無し、うまい話には気をつけろ、 いつもモモ之介には煮え湯を呑まされているのだから、 少しは疑うことも覚えなくっちゃ、はなまる先生。(2006/8/16)

スポンサーリンク