漕ぎ競べ

漕ぎ競べ
春です。 桜の花が美しい花を咲かせ始めています。 桜は本邦国花にて花と云えば桜を指すくらい代表的な日本の花です。 桜の樹の本での小説も何本か書かれていますし、 入学式と云えば桜、受験でうまくいかなければ散るとも称され私達の春の生活にも密接に結びついています。 花としての美しさは勿論、その艶やかさに何処か幻想的な感じも抱かせる桜の花です。 ところで美しい花を身に纏った桜の樹の見事な枝振りを見つけて縄を結び付けてブランコを拵えた連中が居るようですね。 連中には情緒もへったくれも無いようで、ブランコとなればどっちが高く迄漕げるかなと、競争を始めました。 竹馬名人でもそうだったけど、ほんまる、それってちょっとズルいよ…。(2006/2/14)
スポンサーリンク